女性ホルモンを増やしてバストアップ

女性ホルモンを増やしてバストアップ

胸を大きくするためには、乳腺を大きくして胸全体を大きくすることです。そのためには女性ホルモンの分泌をアップさせることが必要になります。単純に脂肪を増やせばバストのサイズは大きくなるのですが、脂肪は胸だけにつくのではなく全身につきますから、あまりにも太るという方法はリスキーです。

 

では、女性ホルモンを増やすためにはどのようにしたらいいのでしょうか。しかし、増やすと言っても私たちは一生のうちに分泌できるホルモンの量は決まっているとされているので、それならこの個人差は何?と思ってしまいますよね。

 

実は、女性ホルモンの量というよりはバランスの問題で、女性ホルモンの影響よりも男性ホルモンの影響が強くなってしまうと当然女性らしいボディラインができません。ですから、睡眠不足やストレス、食生活の乱れによってホルモンバランスが崩れないように注意することがまずは大切です。

 

男性ホルモンの影響が強いと毛深くなったり汗かきになったり、いろんな女性として望ましくない状態を招きますから、ホルモンバランスを意識して女性らしいカラダと体質を作りましょう。女性ホルモンの分泌アップは、胸を大きくするのにかかせません。食事で女性らしく胸を自然に大きくし、また艶やかなボディーラインを作りましょう。

 

女性ホルモンのエストロゲンに良くにた成分を持っているのは大豆食品に含まれるイソフラボンと呼ばれる栄養素で、最近はバストアップだけでなく更年期障害やがん予防にも有効であると考えられています。

 

イソフラボンのほかにも、バストアップに適した栄養素を豊富に含んだサプリメントがたくさん販売されています。これだけでバストアップが簡単にできるわけではありませんが、栄養の問題やホルモンの問題でバストアップが進んでいない人ならテキメンに効果を発揮してくれます。