がんの自覚症状が分かれば早期発見も可能

がんの自覚症状が分かれば早期発見も可能

がんの自覚症状を見逃さないようにすることによって、がんを早期発見しやすくなります。そうすれば、完治する可能性も高まります。しかし、まだがんがほとんど成長していない状態の場合、症状が出ないケースがとても多いです。ですが、がんが成長していくにつれて、少しずつ色々な症状が出ます。

 

発症している部位などによって症状も異なっていますし、他の病気と症状が似ているということもあります。ただ、がんを発症すると症状として現れやすいものもありますから、ここで紹介するような症状が出てしまったのであれば、速やかに検査を受けてがんを発症していないか調べてもらうべきです。そうすれば、早期発見することができ、そのまま治療を開始することができますから、生存率も大幅に上昇します。

 

出血する
がんが初期段階でも出血してしまうケースはあるのですが、あるていどがんが成長してくると、他の細胞にも侵食するようになり、出血してしまうことがあります。

 

どこにがんができてしまうのかによって、出血するかどうかが違ってくるのですが、大腸や小腸などがガンになってしまっている場合、血が便に混ざるということもあります。膀胱や腎臓がガンになっている場合は、尿と混ざって血尿が出ることがあるのです。女性の場合は、卵巣や子宮などにがんができた場合は、不正出血を引き起こすことがあります。

 

しこりができる
がんというのは、一種の腫瘍になっています。ですから、がんが成長してくると、どんどんしこりが肥大化してしまう場合が多いのです。大腸がんや肝がん、胃がんなどのようながんのばあい、お腹を触ってみると硬いしこりがあります。

 

リンパ節が腫れてしまう
がん細胞というのは、リンパ液と一緒に流れることがあるため、リンパ節にがん細胞が溜まっていくこともあります。リンパ節というのは、鼠蹊部やわきの下、鎖骨の内側、耳の後ろ、顎の下にあります。このリンパ節がガンになっている場合、リンパ節が硬く晴れてしまうことも多いのです。

 

疲れを感じたり急激に体重が減ってしまう
がん細胞は、健康な細胞などを侵略していき、栄養を奪います。そのため、短期間で極端に体重が減ってしまったり、疲れがとれないということが多いのです。

 

このような自覚症状があるのであれば、がんの疑いもあります。ですから、自覚症状に気づいたら、念のためにがん検診などを受けて、適切な治療を開始するようにすることが大切です。